a0006_002265

曜変天目茶碗」(ようへいてんもくちゃわん)が話題となっていますね。「なんのこっちゃねん!」というツッコミをしたくなるのですが、なんとこれ、ただもんじゃないらしいです。

これまで世界に3つしかないとされてきたもので、今回はそれの4つ目が見つかったとのこと。



要するに、「伝説の茶碗が見つかった」ということらしいのですが・・・そんな茶碗の値段が恐ろしいことになっているみたいです(笑)

この茶碗、一体いくらになるんでしょうか?

スポンサーリンク


今回は、「なんでも鑑定団」でも取り上げられる曜変天目茶碗に関してまとめてみました。

曜変天目茶碗とは?

この曜変天目茶碗とは、もともと中国で作られた茶碗で、室町時代にそれが日本に伝わって人気となった「天目茶碗」の最上級のものらしいです。曜変天目茶碗には美しい「宇宙」の世界が広がっており、それは窯で焼かれたときに偶然できたものだというのですから驚きです。

再現するのは非常に難しく、現存するもの3つはすべて国宝だとのこと。

ようやく曜変天目茶碗なるもののすごさがわかってきたところで、気になるお値段を見てみましょう!

相場はいくらなの?

そんな気になる曜変天目茶碗の相場ですけども(といっても、数があまりにも少ない上、一般には売られていないのですが)・・・だいたい20億円くらいだとのこと(笑)

オークションに出せばそれ以上の値段がつくとされています。

うわ~、たっけー(笑)!!


世界で3つしかないとされているにしても、この値段はすごいですね。

スポンサーリンク

鑑定価格は?

気になるのは、今回発見された幻の4つ目の曜変天目茶碗の値段ですよね・・・。

ネット上では、「値段がつけられないんじゃないか」という意見も多いようです。確かに、世界で4つしかないものの1つですし、そのうち3つは売り物ではないのですから・・・。

あえて鑑定価格について考えてみると、「これまで発見されてこなかった4つ目」というのもあり、「そもそも国宝だったため手に入れられなかった」ものであるため、20億は下らないと思われます。

個人的には50億くらいつくんじゃないかなと思ってます。(それこそお金のある人で、マニアの人なら「いくらでも出す」という感じでしょうか?)




※追記

どうやら、なんでも鑑定団では2500万円という値段がつけられたそうです。

めっちゃ安いやん(笑) 僕でも買えるかも!?(買えない)




まとめ

ということで、今回は伝説の曜変天目茶碗に関してまとめてみました。

なんでも鑑定団で、国宝級の宝を見つけたっていうのはすごいですし、それを持っていた人もラッキーですね(笑)

窯で焼いたときにできる、曜変天目茶碗の美しい宇宙のような模様。(ときおり一般公開もされているみたいなので、ぜひチェックしてみてください)

お金が貯まる人、貯まらない人・・・



では、また次回の記事でお会いしましょう!!

スポンサーリンク