a1180_013128

ASKAさんが不起訴になったことが話題となっています。

・関連記事⇒⇒ギフハブがARで監視? ASKAは現在、統合失調症なの?



尿検査で陽性が出て以来、完全に”クロ”だと言われてきたASKAさん。

実際のところ、どうなんでしょうか?そして、今回なぜ不起訴処分になったのでしょうか?

ASKAさんの尿検査と再逮捕に関する情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

尿検査でお茶?

a0002_000775

どうやら、今回の件で、ASKAさんが尿検査をした時、「お茶」を提出していたと供述していることが明らかになりました。

捜査員がいる前でこんな大胆なことができるのか、と疑問に思いますが・・・。

実際のところ、ASKAさんはお茶を入れたのでしょうか?そしてその動機とは・・・?

彼が今回の件で不起訴処分になった背景から探ってみましょう。

なぜ不起訴処分に!?

なぜ、ASKAさんは不起訴処分になったのか?

それは、今回の尿検査で、採取した液体はかなり少量であり、鑑定で使ってしまったため、それが本人のものであるかどうか(異物混入されていないかどうか)は解明されていなかったためです。(採尿の時に居合わせた捜査員も、提出された液体がどのようにして採取されたのかは見ていなかったとのこと)

だから、「嫌疑不十分」のために不起訴となったわけです。・・・つまり、なんであるかわからない液体を検査し、「陽性」が出たからといって、裁判にかけても「無罪」となる可能性が高かったため、起訴しなかったということです。

検査するものがなんであるか確認をするのは、基本中の基本であり、それを怠ったというのは、警視庁の完全なる失態だと酷評されているようです。

結局のところ、ASKAさんがお茶を入れていたかどうかは「わからない」というのが現状です。

スポンサーリンク

疑惑は晴れず

し今回の「お茶」の件で、ASKAさんは不起訴となりましたが、彼への疑いは晴れていないようです。

なぜ陽性反応?

そんな「お茶」から陽性反応が出たことは驚きですね。もちろん、工場から出荷されたお茶自体に、そういった物質が入っていたとは考えづらいです。となると、ASKAさんの尿あるいは、混入したお茶に「陽性反応」となる原因物質があったことが推測されます。

・・・それにしてもなぜASKAさんは「お茶」を混入し、捜査をかく乱するような行動をとったのか?個人的には、「陽性」が出たことに対する言い訳のように思われます。実際、そんな都合よく採尿場所(おそらくトイレ)にお茶が用意されているとは考えにくいですし・・・。

また、ネット上では、お茶を提出したこと自体を疑う声もあるようで、真相はなぞのままです。

まとめ

ということで、今回はASKAさんの尿検査と「お茶」に関する情報をまとめてみました。

・・・個人的には、なんとなく「お茶を濁された」感じがします。

実際、ASKAさんの供述や、ブログ内容にはどこか違和感を覚えるものがあります。

ASKAの再逮捕は誤報? ミヤネ屋とASKA、どっちが正しいの?



また、ASKAさん自身、被害妄想なども激しく、疑われてしまうのも無理はありません。

ギフハブがARで監視? ASKAは現在、統合失調症なの? 



今回の事件で新しいアルバム発表が遅れてしまったASKAさん。ファンにとっては極めて残念ですが、今回の件、結局「疑惑についてはグレー」という感じで収束してしまった模様です。

・・・ASKAさんを応援する多くのファンは、きちんと身の潔白を示してほしかったと思いますね。

スポンサーリンク