a1180_010629

1980年代、大活躍した10代のアイドル、岡田有希子(おかだ ゆきこ)さん。

ショッキングな事件もあったため、ファンでなくとも彼女を知っている方は多いんじゃないでしょうか?そう、今から30年ほど前の全盛期に、彼女は自らの人生に終止符を打ちました



多くの人がそれを嘆き悲しみ、一部では「後追い」するファンもいて、社会現象となりました。なぜ、彼女は売れていたのにそんなことをしたのか、何が彼女をそうさせたのでしょうか?

スポンサーリンク


今回は、彼女の30年前の事件の真相についてまとめていきます。

●岡田有希子さん

出典:Wikipedia 「岡田有希子」
出典:Wikipedia 「岡田有希子」


彼女は1967年8月22日に生まれました。写真で見ても、かなりカワイイ女性アイドルであったことがわかります。・・・そんな彼女は、命日である1986年4月8日まで、日本のアイドル歌手、女優として活躍されてきました。「ポスト松田聖子」とも呼ばれるほどの人気ぶりだったそうです。

彼女は、日本レコード大賞や、日本歌謡大賞、最優秀新人賞などの賞も多数受賞していました。まさに「人生の絶頂」と言ってもよい時期の突然の訃報・・・。

当時は、多くの人が彼女がいなくなったことを嘆き悲しみました。・・・中には彼女の後を追って自らの命を絶つ人までいたそうです。これは、「ユッコ・シンドローム」と呼ばれ、社会現象として騒がれました。

さて、そんな岡田有希子さんですが、なぜ彼女はあのような結末を迎えることになってしまったのでしょうか?

真相について見てみましょう。

スポンサーリンク

峰岸徹への想い・・・

実は、彼女は自らの命を絶つ直前、彼女は”未遂”をして救出されていたそうです。レスキュー隊によって発見されたとき、彼女の自宅にはガスが充満しており、彼女はうずくまって泣いていたとのこと。

そしてその後、彼女はビルから飛び降り、自らの人生に終止符を打ったわけです。

そこまでしてなぜ彼女は、自分の人生を終わらせたかったのでしょうか?

彼女が直前に綴ったものには、その理由が書かれていました。

「峰岸徹さん(当時、俳優として活躍していた方)への想い」、「そんな彼と実ることのない恋の苦しみ」・・・こういったものを書き残して、彼女はこの世を去ったのでした。

自分と何十歳も差があり、しかも既婚者である俳優に恋をした彼女ですが、それは成就することはないと知り、その苦しみから解放されたかったがために、自らその人生を終わらせたのだと考えられます。

他にも、彼女の事件に関して様々な説が飛び交っていますが、一番売れていて、ファンからも好かれていた時期だったことを考えると、かなり深い苦しみを抱き、悩んでいたのでしょうね。

まとめ

ということで、今回は岡田有希子さんの真相についてまとめてみました。

実際のところ、彼女はもうこの世にいないので、どういった経緯・理由で亡くなったのかは誰にもわかりません

しかし、あまりにも若くして亡くなった彼女を悼む人はいまだにいらっしゃるのです・・・。

田村英里子の事件とは? 現在、彼女はハリウッドでも活躍中



では、また次回の記事でお会いしましょう!!

スポンサーリンク