a0960_006961

2016年11月に、日本では大きな天体イベントがありましたね♪

そう、スーパームーンです!! みなさんは楽しみましたか?

そんなスーパームーンの時期によくウワサされるのが「月の地球接近に伴う地震発生」です。

⇒⇒スーパームーンで2016年11月に地震? 関係や過去の例は?



さて、スーパームーンが日本で観測されてからしばらくたった今、「地震」に関するウワサが飛び交っています。

そう、「魔の水曜日」です。

それに関連して、2016年11月23日(水)と、「南海トラフ」が注目を浴びているようです。

スポンサーリンク

魔の水曜日とは?

a0006_002881

あの東日本大震災の発生を予言した、松原照子さんによると「2016年の祝日の水曜日に大災害が起きる」とのことで、彼女はその日を「魔の水曜日」と呼んでいるみたいです。

2016年11月23日がその「魔の水曜日」に当たるとして、現在注目を浴びているわけです。

大災害というのは、近い将来発生するとされている「南海トラフ巨大地震」です。

被害想定では、かなりの犠牲者が出るとされており、都市が機能しなくなるおそれもあるそうです。

大地震? 紅葉との関係は?

実際、ネット上ではこのウワサで持ちきりです。


ウワサだとはいえ、「明日大地震がくる」なんて言われたら、誰もが怖くなってしまうと思います。特に、日本は年中地震がある国ですから、こういったウワサは信ぴょう性が高いように思えてしまいますよね・・・。

スポンサーリンク

科学的根拠はない

しかし、松原さんが予言しているものには何ら科学的根拠はありません

また、松原さん自身、大地震の予兆として「伊豆半島で紅葉が見られないこと」が条件だとしていますが、2016年11月22日現在、伊豆半島はしっかりと紅葉しているとのこと。

うーん、松原さんの予言、一貫性がないように思われますね・・・。

「デマ」や「ウソ」だと言われても仕方がないことだと思います。

・・・個人的に多くの人にとって「魔の水曜日」がリアルなものに感じられるのは、今朝(2016年11月22日の朝)に福島を震源とした大きな地震が発生したからだと思います。(実際に津波警報も出され、避難した人も多いようです)

・・・今日の地震が南海トラフの予兆なのかも、と思ってしまった人がそういった「魔の水曜日」を信じてしまうのではないでしょうか?

a0960_005164

まとめ

以前、「マヤ文明」の予言か何かで「地球が滅亡する」というウワサが流れたことがあります。

・・・もちろん、今も地球は滅亡していません。結局のところ「魔の水曜日」もこういう類のものなんじゃないかと思えてきますね。

「11月23日に地震が起きる・起きない」はその日にならないとわからないわけです。また、起きたとしてもそれは予言が偶然当たっただけかもしれません。(松原さん自身、予言を外したこともあるらしいですよ・・・

a0006_000388

個人的には、「予言が当たるかどうか」よりも、「当たったとしても対応できる」ように準備しておくのが一番重要な事なんじゃないかなと思います。

 

★予言に関連して、外国で行方不明になった人を「霊視」した霊能者も一時期、話題となりました。併せてチェックしてみてください。

バンクーバーで行方不明の古川夏好さんの居場所を霊視!?



では、また次回の記事でお会いしましょう!!

スポンサーリンク