人気漫画、「特攻(ブッコミ)の拓」が新しく連載を始めるそうです!

どうやら、主人公の”10年後”を描いたストーリーのようなのですが、一体どんな内容なのでしょうか?

また、作画の先生も変更になるとか・・・!?



・・・これまで愛されてきた作品の続編とも言える、「特攻(ブッコミ)の拓」の新連載についてまとめていきます。

スポンサーリンク

疾風(かぜ)伝説 特攻(ブッコミ)の拓 ~After Decade~

新しく始まる、「疾風(かぜ)伝説 特攻(ブッコミ)の拓 ~After Decade~」は、所十三先生が作画を手掛けた漫画で、1990年代に週刊少年マガジンに連載されてきた作品です。

「疾風伝説 特攻の拓」の続編にあたる物語で、主人公の拓が10年後に刑事となり、横浜で活躍していくというストーリー展開になっていく模様です。

作画の先生が違う!?

a0790_001232

作画の担当者が、所十三先生から桑原真也先生へとかわったことで、ネット上では一部批判や落胆の声が聞かれます。

やはり昔読んでいた漫画が復活するのは嬉しいけれども、作画担当者がかわってしまうと、なかなか感情移入できずに、納得できないファンも多いみたいですね。

なぜ所十三先生じゃないの!?

なぜ、わざわざ作画担当を違う人にしてしまったのでしょうか?

ネットで調べてみると、「所十三先生は原作者と仲が悪かった」という情報を見つけました。

・・・今もそうなのかどうなのかはわかりませんが、彼が「特攻の拓」の続編を描きたくないと言った可能性はありますね。

スポンサーリンク


また、現在は所十三先生は他の漫画の連載でも忙しいそうです。・・・ただ単に忙しいため、新しく連載される漫画の作画まではできなかったのかもしれません。(その可能性の方が高そうです)

理由はいずれにせよ、新しく始まる「特攻の拓」では、所十三先生ではなく、桑原真也先生になり、漫画のイメージも大きく変化するみたいです。

続編としてではなく、「新しい作品」としても楽しむこともできますね♪

まとめ

ということで、今回は「特攻の拓」の続編の情報をまとめてみました。

20代前後の若い世代の人たちは、こうした1990年代にはやった漫画について知っている人は多くありませんが、今回の新連載を通して、呼んだことのない人や若い人たちに認知してもらえればいいですね~。

所十三先生の手がけた「特攻の拓」を知っている層からは、今回の続編は批判されることも多いみたいです。

・・・新連載が吉と出るのかどうか、気になります♪

そんな「疾風(かぜ)伝説 特攻(ブッコミ)の拓 ~After Decade~」は、来年2月の月刊ヤングマガジン3号で始まります。

ぜひ、チェックしてみてください。

★みなさんは好きな漫画ってありますか? 最近では、漫画雑誌でも「応募者全員サービス」などの企画をやっているみたいです。「少年サンデー」がそれが理由で売り切れになったり、品薄になったりして、一時期話題となりました。

少年サンデーS 応募者全員サービス!!



では、また次回の記事でお会いしましょう!!

スポンサーリンク