a0002_005881
 

恐ろしいことが判明しました。

なんと、はごろもフーズが販売していた「ツナ缶」に虫が混入していたのです!!(ちなみに、その虫というのは、人類から最も嫌われている「害虫」だったのです・・・)

おかずの一品や、料理の具材として愛用されるツナ缶ですが、「入ってはいけないもの」が混じっていたのです・・・。

想像しただけでも嫌な気分になってしまいますが、知らないで買い続けてきた消費者にとっては恐ろしいことです。

というわけで、今回は、そんな問題のあったツナ缶、対象商品に関してと、返品、返金に関する情報をまとめてみました。



では、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

シーチキンLフレーク

問題のものが混入していたのは、はごろもフーズの「シーチキンLフレーク」という商品です。

今月13日に「虫が混入している」との連絡があったそうです。

はごろもフーズが社内で調査した結果、「製造過程で混入した」ことが明らかになったそうです。

そして驚くべきことに、はごろもフーズはそれを公表せずに隠していたそうです。

つまり、「問題の合った商品を売り続けていた」のです!!

悪くいえば、「虫が混入していたことを隠し続けていた」ということになります。

かなり悪印象を受けますね・・・。

・・・そんなはごろもフーズの缶詰ですが、返品・返金には応じてくれるのでしょうか??

返品・返金は??

a0002_011059
 

どうやらはごろもフーズは、「単発的なもの」だと処理したため、公表せず、自主回収も行わなかったそうです。

つまり「虫が偶然に製造ラインに入ってしまっただけ」だとして、「特に問題はない」と判断したそうです。

確かに、現在、虫の混入が確認されたのは、一件のみ。

たまたま入ってしまったというものであることは確かだと思います。

しかし、そんな虫が混入したラインで製造された「ツナ缶」、食べたいと思いますか?

ほとんどの消費者は「気持ちが悪くて食べられない」と思います。

はごろもフーズは、そういった消費者のために少なくとも「自主回収」を行うべきだと思います。

今のところ、返品・返金の受付に関する情報は入っていません。(はごろもフーズの姿勢が今のままだと、返品や返金は行われない可能性はありますね・・・。)

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、はごろもフーズのツナ缶に虫が混入していた件に関してまとめてみました。

企業としても「利益」のためにこういった不利な情報を公表せずに、返品・返金にも応じたくはないでしょうが、こういった問題は「社会的信用」にも関わることです。

今回の「虫の混入」に加え、「はごろもフーズは返品・返金に応じてくれない企業」だというイメージが浸透すれば、別の会社のツナ缶を選ぶ人が増えてしまうんじゃないでしょうか?

今後、はごろもフーズの対応に注目が集まります・・・。

・・・さて、今年はこのような「都合の悪いことを黙っている」会社が問題になりましたね。

「日本サプリメントのトクホ取り消し」なんかも記憶に新しいですね。

日本サプリメントの「トクホ」が取り消しに!! 対象商品と返品方法は?



「食」は人間の生活を支えるものです。 それに関連する企業は、しっかりと責任をもって、真摯に問題に対処してもらいたいものです。

では、また次回の記事でお会いしましょう!!

スポンサーリンク