こんにちは!!

みなさん、実写映画「デビルマン」をご存知ですか?

これは2004年に公開されたものなのですが、現在、Twitter上では「デビルマン12回忌」ということで盛り上がっています。

どうやら、映画史上最も「酷評」された作品の一つだといわれていますが、いったいどんな内容なのでしょうか?

動画は今なお残っているのでしょうか?



今回はそんな気になる実写版デビルマンに関してまとめてみました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デビルマン [ 伊崎央登 ]
価格:3324円(税込、送料無料) (2016/10/10時点)


 

どんな内容なの?

これは人気漫画「デビルマン」を実写化したものなのです。

・・・人気漫画の実写映画といえば、最近では「進撃の巨人」、「テラフォーマーズ」といったものが記憶に新しいですよね・・・。

どちらにも共通しているのが、原作ファンからかなりのブーイングがきたというところでしょう。

さて、実写版デビルマンですが、原作ファンどころか、観た人のほとんどから”大ブーイング”された映画で有名です。

DVDを見た人のレビューのほとんどが「★1つ」という低評価ぶり。

・いいところが1つもない

・普段観ているCMの方が面白い

といった感じで、実際に見た人もケチョンケチョンにけなしているそうです。

 

具体的に何がそこまで「酷い」のかというと、ストーリーが「理解不能」なところだそうです。

原作を全く知らない人が鑑賞すると「?」という感想しか出てこないとか・・・。


そんな映画「デビルマン」ですが、2016年で12周年ということで「デビルマン12回忌」というワードで盛り上がっているみたいです。もはや「伝説」にまでなった実写映画、なんか気になってきましたね(笑)

スポンサーリンク

動画は無料で視聴可能

そんな「デビルマン」は、無料視聴が可能なようです。

Amazonプライム会員なら無料視聴できます(プライム会員じゃなくても「無料体験」で観ることができます)

⇒⇒Amazonプライムビデオ

・・・また、以前は深夜の時間帯にテレビで放送されたこともあるらしいです。

これだけ酷評されている映画を時間を割いてみたい人はぜひ、チェックしてみてください♪

(プライム会員だとデビルマンだけでなく、様々な名作を楽しむことができます)

まとめ

いかがでしたか?

今回は映画史上トップに入るくらい酷評されている映画「デビルマン」に関してまとめてみました。

個人的にはあまり観たくないのですが・・・・・・そこまで酷評される映画って逆に面白いかもしれませんね。

 

また、酷評映画もいいですけど、全国的に絶賛されている映画もぜひチェックしてみてください♪

「聲の形」はかなり高評価がつけられていておすすめです。

映画「聲の形」の上映期間はいつからいつまで? 上映劇場は?



では、また次回の記事でお会いしましょう!!

スポンサーリンク