a0002_010959
 

みなさん、日本のお寿司屋さんで酷いことが起きてしまいました。

なんと、「外人のお寿司にだけ大量にわさびを入れて提供する」といった、人種差別的な行為が行われていたことが発覚しました。提供された寿司は、とても食べられたものではなく、多くの外人から苦情が寄せられているそうです。

・・・今回はそんなお寿司屋さん、「市場ずし難波店」でどれだけのわさびが盛られたのか、なぜそのようないやがらせ行為がされたのかに関してまとめていきます。



スポンサーリンク

市場ずし難波店

「わさびを大量に盛られた」と多くの外人が苦情を言っている店が「市場ずし難波店」です。

これは大阪市中央区にあるお寿司屋さんで、

「食べログ」での評価も見てみると・・・10月3日現在、「★3.5」であり、そこまで評価が低くはありません。

ところが、Googleでの評価も見てみると・・・10月3日現在、「★1.4」とかなり低い評価がされています。

コメントなども見てみると、「良い」という評価をする人もいますが、「わさびをとんでもない量入れられた」、「WASABI BOMB(わさび爆弾だ)」といった低評価コメントも多いみたいです。

やはり、「日本人」には普通のわさびの量で、「外人」として見られた人には大量のわさびを持っていたことは事実のようですね。

わさびを盛られた寿司の画像

インターネット上には、「大量にわさびを盛られた寿司の画像」がアップされていました。

sijouzushi_wasabi-2
ネットにアップされた画像


うわ~。これは酷いですね。 わさびがはみ出ています!!

遠目から見てもかなりの量が入れられているのがわかります。

こんなんじゃメインがわさびの味になってしまいます・・・。

一体なぜこんな酷いことをしたのでしょうか?

スポンサーリンク

大量のわさびはなぜ?

ネットにアップされた画像
ネットにアップされた画像


市場ずし難波店によると、「以前から外人からわさびの増量を求められることが多かった」ために、客には確認せずに通常の量の2倍、わさびを入れていたそうです。

外人の中には「わさびをあまり入れてほしくない」という人もいたようですが、店側はそんなことおかまいなしで「外人にはわさびを大量に入れる」といった人種差別的な対応をしたのです。

店側は「故意ではない」としていますが、そういった寿司を提供しており、外国から来た多くのお客さんが苦情を言っているのは事実です。

個人的に、「お客さんに確認すればよかったのに」と思います。お客さんの好みはいろいろ違うわけですから、当然、入れてほしいわさびの量も違ってくるわけです。

今後、店は「わさびを別添えにして出す」ことで、お客さんが好みの量のわさびを入れて食べられるようにするそうです。

しかし、だからといってこの店に外国からのお客さんが来てくれるのかどうか、はなはだ疑問です。

 

※10月3日午後4時追記・・・「わさびテロ」の被害者は「韓国人」であることも明らかになりました!!

市場寿司難波店のわさびテロは主に韓国人を狙ったもの 



では、また次回の記事でお会いしましょう!!

スポンサーリンク