海外で凄惨な事件が起きてしまいましたね。

カナダのバンクーバーに留学した古川夏好さんが行方不明になってから、ご家族やご友人は彼女が無事に発見されて日本に戻ってくることを望んでいたでしょうが、その願いはかないませんでした・・・。

実に残念なことだと思います。

そんな古川夏好さんが行方不明になっていた中、ある人物が彼女の居場所を「視て」いました

それは、霊能力者の「山崎かずみ」さん(男性)です。

こんな話を聞くと「オカルトっぽいな」、「でたらめな作り話だろう」と思われる方も多いかと思いますが、実際、彼女は2016年、北海道で行方不明になった小学生の男の子の場所を「霊視」によって的中させています。

一体山崎かずみさんはどんな能力を持ち、何を「視て」いたのでしょうか?

今回の行方不明事件と、山崎かずみさんのTwitterでの発言を順を追って見ていきましょう。



スポンサーリンク


2016年9月15日の21時ごろ、かずみさんはTwitterで事件の手掛かりとなる”モノ”を視たようです。


この時点では、「白人男性」、「アジア系男性」といったものがあげられています。

また、「緊急性がある」とも述べられているので、彼は「被害者が行方不明なのは、男性がらみの事件に巻き込まれており、命の危険がある」といったことをすでに知っていたのだと考えられます。

 


また、Twitterでは「グーグルマップ」と「防犯カメラの位置」がわかれば彼女の位置を特定できるとも述べています。

しかし、どうやら「霊視」によって場所を特定するには時間がかかり、グーグルマップも必要なようですが、だいたいの地域の目星がついているようです。

 


また、彼は仕事の合間に霊視を行い、被害者の位置を特定しようとしていました

スポンサーリンク


 


 


9月28日の夕方、このときはすでに「手遅れ」だということがわかっていたようです。

 


 

・・・山崎かずみさんのTwitterをみて「言っていることが曖昧」、「正確には予言できていない」と批判している人もいるみたいです。

「予言」や「予知」などに関してウソだ!といって信じない人もいるみたいですが、山崎かずみさんがそういった事件解決に関する何かを「発信した」ことに意味があると思います。

個人的には「当たったかどうか」よりも、山崎かずみさんが事件を解く手がかりを発信していることが注目すべきポイントだと思います。

「完璧な予言」ではありませんが、ある程度事件に関して、情報や手がかりを示唆してくれているのは事実です。

今後、こういった事件の際に、山崎かずみさんがどう発言しているのかが解決のヒントになる可能性もあるんじゃないでしょうか?

・・・彼は他にも、福山雅治さんのライブ事故に関しても、「ある発言」をしています。

「眼球破裂」した人がどんな人だったのか、わかるのかもしれませんね。

眼球破裂は治るの!?恐ろしい威力の”キャノン砲”とは?



では、また次回の記事でお会いしましょう!!

スポンサーリンク