a1180_000911
 

今朝、何気ない気持ちでニュースをつけたら、「Bリーグ」のことでなかり盛り上がっているようでした。

Bリーグとは、2016年秋から新しく始まった男子バスケットボールリーグのことです。

・・・個人的にあまりバスケットボールには興味がなかったのですが、ニュースを見ていくうちに「Bリーグ」にスゴク興味がわいてきました。

というのも、試合会場の演出がド派手で、「スポーツの試合でここまで盛り上がれるのか」と、かなり驚かされたからです。

さて、今回はそんなBリーグでの演出と、テレビで観た感想に関してまとめていこうと思います。

では、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

●コートが崩れて・・・

 

a1180_000727
 

Bリーグでは、コート自体がLEDでできているという新しいコートです。 ・・・22日に行われたBリーグでは、そんなLEDコートの能力を惜しみなく使って、「ド派手な演出」をしていたようです。

例えば、試合開始前には、巨大なバスケットボールと同時に、コートが崩れ落ち、そこから「BLEAGUE」の文字が描かれた白のコートが浮かびあがるという、超かっこいい演出がされました。

 

また、試合開始のカウントダウン「3,2,1」といった数字がコートの中央に描かれたり、選手がダンクシュートを決めると、コートに「DUNK」といった文字が表示されたりして、観客も試合に「参加する」といった感じで盛り上がることができるみたいでした。

ハーフタイムショーでも熱いパフォーマンスがあったそうです。

まるでライブのように盛り上がった会場が印象的でした。

スポンサーリンク

●個人的な感想

ここまで「エンターテインメント性」を追求したバスケットボールの公式試合はなかなかないんじゃないかと感じました。

まるで、「バスケのテレビゲーム、ビデオゲームの演出を実際に試合でやってみた」感じでした。

すごく新鮮な感じがしたと同時に、「これならバスケに詳しくない人でも楽しめるな」と思いました。

a0001_000503
 

普通のコートで試合していても、ルールや選手の動きなどが理解できる人でないと、なかなか試合をみていても楽しくなれません。(小さい頃、ルールも知らないのに野球の試合を観に行きましたが、地獄でした・・・)

しかし、LED演出で盛り上げたり、選手が得点したことを知らせたりすることで、バスケを知らない人でも十分楽しめるでしょう。(実際、テレビでのインタビューをでは、今回の「演出」を目当てに試合を観に行ったと答えている人もいました)

・・・そんな感じで注目されているBリーグの試合結果、チケットなどに関しては、公式サイトをチェックしてみてくださいね♪

今後、バスケットボールだけでなく様々なスポーツや競技でもこういった最新テクノロジーをふんだんに使ってもらいたいですね♪(東京五輪の開会式や閉会式もかなり楽しみですね)



では、また次回の記事でお会いしましょう!!

スポンサーリンク