こんにちは!!

フリマアプリ「メルカリ」って便利ですよね?

スマホ1台だけで、自分のいらないものや売りたいものを簡単に出品して、売ることができるんですから!!

みなさんはメルカリでどんなものを売買していますか??

最近は、遊戯王やドラゴンボールヒーローズなど、人気のカードゲームがメルカリでも盛んに取引されているようですよ。

・・・ということで、今回はそんなメルカリでカードを売却するときの3つのポイントに関してまとめてみました。


1.カードは丁寧に梱包!!

 

まず注意したいのが、「カードの梱包」です。

トレーディングカードゲームなどでは「カードの状態」が非常に重視されます。カードが美品である場合と、折れ目や傷がある場合とでは、価値が大きく変わるからです。

発送の途中でカードに傷がついた、カードが折れた・・・なんて事故はシャレになりません!! それらを防ぐためにも「カードの梱包」はメルカリの取引において非常に重要となってくるわけです。

では、実際にカードは具体的にどのように梱包すべきでしょうか?

スポンサーリンク


・・・個人的に、「ローダーや硬質カードケース」に入れるべきだと思います。

img_1247
 

こういった硬いケースは百均やカードショップで売っています。(というかカードゲームをやっている人なら知っていて当然ですが)

そういったものがない場合、ミニクリアファイルや厚紙などを使ってカードを包むのもアリです。

とにかく、発送の際は自分が使っていた中古のものでも構わないので、「硬いケース」、あるいはそれに類似するものでカードを梱包しましょう。

・・・もし、きちんと梱包しなかった場合、発送の際にカードが折れたり傷がついたりする可能性が非常に高いです。

そうなると、受け取る人は嫌な気分になりますし、「返金」を要求されることもあるでしょう。(この手続きは、双方ともにすご~く面倒です)

取引は楽に、気持ちよく行いたいものです。カード発送の際は必ず「カードに傷がつかないための工夫」をしてくださいね♪

2.自分の情報も忘れずに!!

 

さて、うまく梱包できたら今度はそれを「発送」しましょう。

多くの場合、カードを発送するときは、梱包したものを封筒に入れて、「普通郵便」で送るのが送料も安く済むのでおススメです。

img_1248
 

・・・その際、「初心者が犯しやすいミス」があります。

それは、「封筒に自分の住所・名前を書かない」ことです。

「えっ!? 相手に送るんだから相手の宛先だけを書けばいいんじゃないの!?」

・・・以前、僕もそう思っていました。(「らくらくメルカリ便」を使う場合は住所表記は不要ですが・・・)

しかし、何かの手違いや事故で、送ったものが相手のもとに届かなかったときに「封筒の裏に自分の住所を書いているかどうか」によって、郵便物が紛失するのを防ぐことができます。

メルカリのアプリでも、「発送の際は自分の名前・住所を書くように」と指示が書かれています。(僕は以前、これを見落としていました・・・)

さあ、梱包して封筒にも自分の住所を書いたら発送しましょう!!

スポンサーリンク

3.発送料金も注意!!

 

発送料金にも注意が必要です。(らくらくメルカリ便で送る人は読み飛ばしていただいて構いません)

普通郵便で送るときは、必ず「切手料金」が足りているかどうかを確認してください。



できることなら「郵便局に持ち込む」のがおススメです。

郵便局に持ち込んで、必要な切手料金を知ることができる上に、「郵便ポストでのカード損傷のリスクを避けられる」からです!!

a0001_002138
 

・・・これはどういうことかといいますと、「郵便ポスト」に入れると(ちゃんと梱包していれば大丈夫だと思いますが)カードが折れることがある、ということです!!

郵便ポストは様々な人が使います。それなりに重量のあるものや大きなものが同じポストに入ることがあります。 もしカードをポストの中に入れると、それらと一緒に、大事に扱うべきカードが一緒のポストの中の袋に入るわけです。

運が悪いと、押しつぶされたり、曲げられたりすることがあります!!

 

そういったことを防ぐためにも、「郵便ポストに入れる」のではなく、「郵便局に持っていく」のがおススメです。

郵便局では、正確な重さを量り、必要な料金を教えてくれる上に、郵便物を丁重に扱ってくれますよ♪

・・・これで発送完了です!!

●まとめ

 

・・・いかがでしたか??

今回は「メルカリでカードを梱包・発送するときのポイント」を順を追ってまとめてみました。

僕自身、メルカリでカードを売って、発送するときはいつも心がけています。 ・・・そうすることで、双方にとって気持ちのいい取引ができます♪

ぜひ、参考にしてみてくださいね。



では、また次回の記事で!!

スポンサーリンク