こんにちは!!

みなさん、SONYが新商品を発表しました!

新型モデル「シグネチャー」シリーズの最上位機種 NW-WM1Z

発売日は2016年10月29日!!

これ、ウォークマン史上、最もヤバい商品かもしれません・・・。

今から、それの「ヤバさ」についてまとめていきます。

●値段が・・・ヤバい!!

 

気になる価格が・・・32万円!!

なんと30万円を超えるウォークマンです!!

サラリーマンの1カ月の収入くらいあるんじゃないですか!?

しかも、ヘッドホンは別売りです。

それなりにしっかりしたハイレゾ対応ヘッドホンまで揃えると、40万円くらい必要になると思います。

・・・一般人の感覚からしたら「超高い」わけですが、そんな30万超えのウォークマン、ヤバすぎるぜ!!

機能面のヤバさも見ていきましょう。




●音質が・・・ヤバい!!

 

まず、最上位機種にふさわしい優れた音質だとか・・・。(もちろん、ハイレゾ対応です)

「演奏が始まる瞬間、歌い出しの気配から最後の音が消え入り完璧な静寂に至るまで」を忠実に再現できるそうです。

a0780_000802
 

個人的には、「曲が聴ければいいじゃん」と思ってしまうので、あまり「ハイレゾ」などには興味ないのですが、こういったのにこだわる人にとっては、興味深いものなんじゃないでしょうか??

スポンサーリンク

●大きさが・・・ヤバい!!

今回のウォークマンは大きさも半端じゃないようです!!

最大外寸寸法:約72.9 × 約124.2 × 約19.9 mm

重さ:約455g

厚さが2センチ程度あり、ずっしりした重さがあります。

感覚としては、習字の時などに使う、「文鎮」のようなもんでしょうか?

a1180_015091
 

ちょっと「ポータブル」とは言い難いですね・・・。(個人的に、価格が30万円以上ある時点で持ち歩く気は起こらないと思いますが(笑))

 

●容量も・・・ヤバい!!

 

a0022_000088
 

容量は256ギガ!!

ギガ数を、長さやビットレートで変わってくる曲で例えるのはナンセンスですが、こんだけの容量があると5~6万曲は軽く入れることができるでしょうね。

果たしてそんなに容量が必要あるのか?・・・と疑問に思ってしまうくらいですね・・・。 「ギガ数が足りなくて曲が入りきらない」なんてことは万に一つもないでしょう。


●リッチなシニア層向けか!?

 

値段からしても機能からしても

「大衆向け」

とは言い難いものです。

SONYはかなりターゲットを絞り、リッチなシニア層、あるいはオーディオに関して超こだわりのある人、ウォークマンマニア向けに作られたんだと思います。

「金メッキ」をふんだんに使っているところからも、「手軽に持ち歩くウォークマン」というより、「高級ブランド品」に近いのかもしれませんね。

スポンサーリンク


・・・えっ!? 僕は買いませんよ!!

やっぱりipod touch 6世代が機能的には最強なので、音質には全くこだわらず音楽をそれなりに楽しんでいます・・・負け惜しみかもしれませんが、音質なんて気にしないもん勝ちですよ(笑)

ってなわけで、今回は30万超えのウォークマンに関して特集してみました。購入した方・実際に体験してみた方は、ぜひ使った感想などを教えてくださいね♪

ウォークマンだけではなく、最近の「スマホ」も進化し続けているようです⇒⇒iPhone7 気になる新機能とは・・・?

「新商品」から目が離せませんね♪

では、また次回の記事でお会いしましょう!!