こんにちは!!

みなさん、Appleが新しいiPhoneを発表しましたね!!

そう、iPhone7です。(参考:iPhone7 / 7 Plus 早くも「品薄」で売り切れか!?

・・・いろいろとバージョンアップを繰り返してきたiPhoneですが、ついに「防水機能」もつけたiPhone7が発売されます!!⇒⇒iPhone7 気になる新機能とは・・・?

a0002_001019
 

「やったー!!これで風呂に入りながらスマホをいじれる!!」

「温泉の中にも持っていこうかな・・・」

な~んて考えているそこのあなた!!

実は、防水機能があるiPhone7を風呂場・浴槽ではあまり使うべきではありません。

今回はその理由について解説していきます。



スポンサーリンク

●そもそも防水機能って??

 

防水・防塵性能は規格によって、厳密に保護等級が定められているのです。

その規格では、iPhone 7は「IP67」に対応しています。

まあ、詳しい話は省くとして、iPhone7がどれくらい水に耐えうるかというと・・・

30分間の水没

でも故障せずに使用することができるそうです。

だから、「水を張ったバケツに落としてしまった」場合や、「飲み物をこぼしてしまった」場合では問題なく使用することができるわけです。

a0960_001944
 

では、なぜそんな優れた防水機能を持つiPhone7をお風呂場で使うべきでないのでしょうか??

1.保証してもらえない!?

 

確かにiPhone7の防水機能は優れていますが、問題なのは防水テストが多くの場合、「常温の真水」という条件下で行われていることです。

水風呂ならともかく、一般的に浴槽は「40℃くらいのお湯」なわけです。また、お湯には「入浴剤」を入れる方も多いでしょう。

つまり、「テストでは保証されていない条件下」であるわけです。

だから、「お風呂に入れて壊れました、保証してください」といっても、「あなたが勝手に説明書の指示に従わないで高温のお湯に入れて壊したんでしょう」と、保証対象外になるわけです。

つまり、修理に何万も自腹を切らなくてはならなくなるのです!!

これが、iPhone7をお風呂で使うべきではない1つ目の理由です。

スポンサーリンク

2.バッテリーの劣化

 

さらに、浴槽に浸かって長時間スマホを使うと、

バッテリーの寿命

を短くする一因になります。

a0002_001123
 

概して、バッテリーというものは高い温度が苦手です。

高温条件下でスマホを使用するということはそれだけバッテリーに負荷をかけることになります。

そうすると、バッテリーは劣化が早くなり、寿命が短くなってしまいます。

普段我々がスマホを使っているときは、手や外気に放熱されるため、そこまで長時間使い続けない限り、「スマホが熱い」なんてことにはならないはずです。

しかし、熱~いお湯に浸かりながら、ムシムシした「お風呂場」で使用すれば、スマホは放熱しきれず、バッテリーの温度が上がってしまいます。

a1180_009187
 

で、結果として何度も電池交換しなくてはならなくなります。

面倒くさいですし、そもそも電池交換なんかでお金は使いたくないですよね??

これが、iPhone7をお風呂に持ち込むべきではない2つ目の理由です。

3.誤操作・誤作動の恐れ

a1130_000322
 

僕は生まれつき「手汗」がひどくて、スマホを5分操作しただけで冗談抜きで、「画面がビチャビチャ」になります。(いずれ、汗腺の手術でもしたいです・・・orz)

で、そうなるとスマホはどうなると思いますか??

感度が超ニブくなるのです!!

スライドしてもタップしても画面が動かず・・・。

酷いときは勝手に誤操作により画面が切り替わります!!

例えば、画面の水滴のせいであたかも他の誰かが操作しているみたいに勝手にボタンが押されたり、文字が打たれたりするのです!!

まあ、ちょっとした誤作動などは笑って見過ごせるのですが、文を書いている途中で勝手に相手に送信されたり、勝手に消えたりすると焦ります・・・。

一番焦ったのは、クレカ決済画面のときですが・・・(笑)

おっと、脱線してしまいましたが、風呂場で操作するということは、僕の手汗スマホと同じような状態になることを覚悟しなくてはなりませんよ。

手汗が出る、出ないに関わらず、風呂場というものは水を使う場所ですから、どうしてもスマホ画面にも水がかかったり、指が濡れます。

iPhone7でそういった誤操作があるのかどうか、使ってないのでわかりませんが、そういったリスクは背負わなくてはなりません

だから、風呂場ではスマホを使うべきではないのです。

●まとめ

 

・保証対象外であること

・バッテリーの劣化につながること

・誤操作・誤作動の恐れ

 

以上のことから、防水機能があるといえども、お風呂にiPhone7を持ち込むというのは”絶対にやめたほうがいい”です。

せいぜい、「スマホの音楽・ラジオを聴く」くらいにしておいた方がいいでしょう。

a0002_008979
 

・・・個人的に、お風呂にまでスマホを持っていくのは、たとえ可能でもお断りです!!

お湯に浸かって一日の疲れを癒す場であんな小さな画面なんて見たくありません。

風呂に入っている時くらいゆっくりしたいもんです(^^♪

 

・・・ということで、iPhone7の防水機能に関してまとめてみました。

その他の機能に関してもチェックしてみてくださいね♪



では、また次回の記事で!!

スポンサーリンク