こんにちは!!

みなさん、お笑いコンビ「ANZEN漫才」をご存知ですか??



ANZEN漫才は、まだまだ知名度が低い、「みやぞん」と「あらぽん」、2人組のコンビです。(僕自身、彼らの存在は今まで知りませんでした)

・・・しかし、どうやら、この「ANZEN漫才」のボケ担当の「みやぞん」が面白いと、話題を集めているみたいです。

一体どんな面白い人なんでしょうか??

そして彼の魅力は・・・?

今回はそんなANZEN漫才のみやぞんに関してまとめてみました。


●ANZEN漫才

 

ボケ担当、「みやぞん」とツッコミ担当の「あらぽん」の2人組お笑いコンビ。2人は、2009年11月にコンビを結成した東京都足立区生まれの幼馴染です。

少し前にブレイクした「どぶろっく」の唯一無二の弟子なんだとか・・・。

お笑いのスタイルもどぶろっくに似ていて、ANZEN漫才は、ギターを使って「歌ネタ」を披露して観客を笑わせます。

a0003_001011
 

そんな彼らの歌を、ただの芸人の歌だと侮ることなかれ。

なんと、自主制作曲「足立区の歌」を足立区CMグランプリに応募し見事に足立区長からユーモア賞、ハートフル賞を受賞した経験があるそうです!!

・・・そんなANZEN漫才で、ボケを担当する「みやぞん」が最近、注目されています。

タレントの伊集院光さんや、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太さんが絶賛する「面白さ」・・・。

一体、みやぞんはどんな人なんでしょうか??

スポンサーリンク

●みやぞんの面白さとは・・・!?

 

ANZEN漫才でも、ボケ担当のみやぞんが特に面白いとの評判があります。

彼は強面であるのに対し、いわゆる「天然キャラ」で、そのギャップと意外性が多くの人を虜にしているようです。

顔はちょっとコワいけど、なんかズレてて面白い・・・。

お笑い芸人のウド鈴木さんを彷彿させるキャラですね♪

まさに、「第2のウド鈴木」といってもいいでしょう。

人気バラエティ番組の、『世界の果てまでイッテQ!』や『とんねるずのみなさんのおかげでした』といったものにも顔を出し、みやぞんならではの爪跡を残しているみたいです。

まだ知名度は低い彼ですが、今後、バラエティなどでも多く見かけるようになるんじゃないかと思います。

こういった「天然キャラ」、「いじられキャラ」はテレビではかなり人気ですし、重宝されますからね・・・。

最近は、「街で声をかけられることも増えた」みやぞん・・・。

ANZEN漫才はブレイクし始めている時期なんでしょうか!?(期待)

これからもどんどんテレビ出演していってもらいたいですね♪