こんにちは!!

みなさん、ゲームセンターにはよく行きますか??

最近では、「未成年のゲームセンターに入場できる時間」が変わって、夜に親子で訪れる家庭もあるみたいです。⇒⇒ゲーセンは何時までOK?

・・・でも、ゲームセンターに行くと、ついつい無駄遣いしてしまいますよね??・・・熱中するあまり、他に必要だったお金にまで手を出してしまう人もいるみたいです。

「帰りの交通費がなくなっちゃった・・・」

「昼飯代が消えた・・・」

何がそんなに人々をとりこにするのでしょうか???

今回はそんなゲームセンターでの「浪費」に関してまとめていきます。


●ゲーセンで「浪費」するのって??

 

人は、自分が思った以上にお金をつかってしまうと「無駄」だと思ってしまうのです。

例えば、UFOキャッチャーにせよカードゲームにせよ、「最初の100円」は別に大したことはありません

しかし、あと1回、あと1回・・・と続けていくうちに知らぬ間に多くのお金を使ってしまうのです!!

「100円」というちょっとした額が積み重なり、思った以上にお金をつかってしまうことになるのです!!

ではなぜ、ゲームセンターではそのような「浪費」をしてしまいがちなのでしょうか??

スポンサーリンク

●「興奮」状態の人間・・・

 

ゲームセンターでお金を使うのは、多くの場合、

「ゲームをプレイするため」

 

ですよね??(当たり前ですが)

ゲームは元来、「遊び」であるのですが、お金がかかっている分、「賭け事」のような感覚になります。

「ゲームセンター」という、日常とは違った、刺激の強い場所であることも、そんな感覚を助長しているのでしょう。

a0002_002417
 

そうすると、ゲームをしている最中は

面白い!!

 

と思って熱中してしまうのです。

脳からも快楽物質である「ドーパミン」がガンガン放出されるわけです。(「もっと欲しい・・・」と思うようになるのです)

だから、冷静な状態では「つまらない」ようなゲームでも夢中になってしまうのです。

●勝てる・・・!!

 

a0022_000088
 

博打の「依存症」の人たちは、何度も負け続けているのに、

次は勝てるかも・・・

負けを取り返せるかも・・・

という風に考えて、結局のところは大損することが多いようです。

僕は、ゲームセンターでお金を使いまくってしまう人も同じような「興奮状態」にあるのではないかと思います。(100円という手軽さも後押ししているのかもしれません)

例えば、UFOキャッチャーで景品を獲ろうとムキになったり、カードゲームのために何千円もお金をつかったり・・・。

そうなってしまったらもう止められません。

ゲーム以外のことは考えられなくなり、次々と筐体にコインを投入するようになります

スポンサーリンク

●無駄遣いしないためにも・・・

 

正直なところ、そういった「興奮状態」は大抵、突発的に起きるので、人の理性ではなかなか止めることができません

そして、ゲームセンターを出ると、熱が冷めて、

「もったいないことをした」

「なんであんなに浪費しちゃったんだろう・・・」

と後悔することになるのです。

そうならないためにも、やはり

意味なくお金は持ち歩かない

 

のが一番の対策ではないかと思います。

意志ではなかなか抑制できないのであれば、そもそも「お金をつかう」ことのできないようにすればいいからです。



 

何事もほどほどに楽しむのが一番ですね♪

かくいう僕も、昔はゲーセンで浪費しまくったものです・・・。

今では「計画的」にお金をつかっているつもりです・・・(不安)