こんにちは!!

最近、とあることがかなり問題になっているようです。

それは、

オンラインゲームでのチート行為

 

です。

どうやらこれによって不正にデータを書き換えたり、お金を儲けたりした人が逮捕される事例もあるとのこと・・・。

今回はそんな危険な「チート行為」に関してまとめていきます。



スポンサーリンク

●「チート」とは・・・?

 

そもそも「チート」とは、英語の ”cheat” (ずる、不正行為)を指します。

試験でのカンニング行為は “cheating”(チーティング) と呼ばれますが、オンラインゲームで「ずる」をしている人もいるようです。

オンラインゲームなどで他のプレイヤーとバトルをしていると、

「やけにすごいキャラ持っているなあ・・・」

 

と思うことがありますよね??

キャラクターの強化や、アイテムの入手は、ゲームをクリアしていくことでゲットできるのですが、多くのオンラインゲームでは「課金」によってその手間と労力を省くことができます

a0006_002418
 

 

だから、キャラを強くしたい人はお金を払うことで強化して、ゲームをより有利に楽しく進めることができるのです。

しかし、どうやらオンラインゲームでのプログラムの欠陥を見つけたり、書き換えたりして、「課金しなくても課金アイテムをゲットできる」ようにする)人たちがいるそうです。

まともに課金している人から見れば、「ズルい」行為ですよね??

これが一般的に言われる「チート行為」です。

スポンサーリンク

●逮捕例もある!?

a0002_000461
 

・・・こういった「チート行為」を一種のイタズラのように捉えて、チート行為をする人たちがいるようですが、実は「チート行為」はかなり危険なことなのです。

実は「チート」関連で逮捕された人もいるのです。

以前、チートツールを販売して利益を得たとして「著作権法違反」の罪でとある男性が逮捕されました・・・。

また、チートツールを使用したことでも逮捕された例もあるらしいです。

これは、「チート」自体が著作権法違反の場合が多いからです。

もしも「チート」しているユーザーを、ゲーム会社が突き止めて訴訟を起こしたら、損害賠償請求をされるかもしれませんよ。

だから、安易に「チート行為」をするのは、自分の人生を大きな危機にさらしてしまうことなんです!!

・・・そもそも「ゲームでチートして逮捕された」なんて恥ずかしいですよね?? 逮捕されれば前科としてそれが一生残ります。

現在、ネット上には様々な「チートの方法」が公開されており、法律を知らない小学生・中学生が手を出してしまうケースもあるようです。

●知らないうちに・・・!?

知らないうちに「違法行為」をしていた・・・

なんてことも今の時代なら十分あり得ます。

「アプリを使用すること」だけで、著作権侵害や、違法ダウンロードなどにつながる事例もあるみたいです・・・。



いまや、色々なものがスマホ操作一つでできてしまう時代です。

その利便性だけではなく、危険なところにも目を向ける必要がありそうです・・・。

スポンサーリンク