こんにちは!

みなさんは「ゲームセンター」、よく行きますか??

僕は最近は毎日のように通っています(笑)

というのも、最近は色々と面白いゲーム、欲しいカードなどが増えてきたからです♪ 面白いものを見つけるとすぐに財布のひもが緩んでしまい、ついつい長居してしまいます。

しかし、ゲームセンターという環境って、かなり刺激が大きいですよね?

筐体のピコピコ鳴る音や、ゲームの明るいディスプレイ画面・・・。

人間にはどんな影響を与えるのでしょうか??

というわけで、今回は「ゲームセンターが及ぼす悪影響」についてまとめてみました。

スポンサーリンク

●目への影響

a1320_000192
まず、ゲーセンなどによくあるアーケードゲームなどのディスプレイ画面を見ることによる「目」への影響を見ていきましょう。

ディスプレイ画面を長時間見続けると「近視」になりやすくなります。

これは目を酷使することで、眼球のなかの筋肉(毛様体)が緊張して緩みにくくなるからです。

したがって、ゲームセンターのゲーム画面を何十分も見続けるのは「近視」を促進するため、かなり注意が必要です。

具体的な対策としては、

・1プレイごとに5分休憩する

・ディスプレイをじっと見続けない

といったことが挙げられます。

また、ゲームセンターにはいろいろと目を「刺激」するものがあり、それも目が疲れる一因となるので注意が必要です!

●耳への影響

a0001_014153
 

ゲームセンターの中ってすごくうるさいですよね?

僕自身、ゲーセンから外に出たときの、「キーン」という耳鳴りを何度も体験しています。

我々が通常、生活している環境における会話の音の大きさは、「60デシベル」くらいです。

・・・一方、ゲームセンターでの音の大きさは、長時間聴いていると難聴の危険性が増す、「80~110デシベル」!!

音量を表す単位である「デシベル」が10上がると、人は10倍うるさく感じるようになるそうです。

「80~110デシベル」という数字からも、ゲーセンでの音の大きさがいかにデカいかが分かりますね・・・。

こうしたデカい音を長時間聴いていると、耳の中にある「有毛細胞」がダメージを受けます。そして恐ろしいことに、傷ついた有毛細胞は「元に戻らない」のです。(ある程度「再生」することはできるようですが)

ですから、ゲームセンターに長時間いて、耳にダメージを与えるのはおすすめできません。

ゲームセンターの「音」への対策としては、

・耳栓をする

・長時間(2時間以上)大きな音を聞かない

といったことが重要です。

スポンサーリンク

●精神への影響

さて、では最後に「精神面に与える影響」を見ていきましょう。

僕自身、何年間もゲームセンターに行っていますが、特に精神面で異常をきたしたことはありません(笑)

しかし、ゲームにのめりこんだり、強い刺激を受け続けたりすると、

・静かな場所でもゲームの音が聞こえる

・ゲームのことで頭がいっぱいになる

ということもあるようです。

そして僕自身、ゲームセンターに通うようになって一番困ったのは、

「金銭感覚が狂う」

 

ということです。

a0002_003051
 

ゲームセンターでは、基本単位が「100円」で、様々なゲームが楽しめますよね??ハマってしまったらあっという間に「10回、20回・・・・」とゲームをやってしまいます。

でも、逆に1000円、2000円を稼ぐのは意外と大変です。

そう、ゲーセンにいるときはまるで魔法にかかったかのように湯水のようにお金を使うようになってしまうのです。

ここがゲーセンが与える一番の悪影響だと思います。

対策としては

・ゲーセンに持っていくお金を減らす

・ゲーセンで使うお金を決めておく

などがあります。

とにかく、「のめり込み」には注意が必要です!!

僕自身、かなりのめりこんだ時期は、ゲーセン付近のATMに駆け込んでお金をおろしたことがあります。

・・・ここまでくると、完全な「依存症」ですね。

●まとめ

いかがでしたか??

今回は「ゲームセンターが与える影響」に関してまとめてみました。

意外と気づかないところで私たちの心や体に悪い影響を与えているのかもしれません・・・。

・・・個人的には「滞在時間を短くする」というのが一番の対策だと思います。 長時間ではなく、むしろ短時間で数回楽しむ分には問題ないのですから。

ダラダラと無意味にゲームセンターにいるのは、百害あって一利なしです!

しっかりと目的をもって楽しむのが一番ですね♪

では、また次回の記事でお会いしましょう!!

スポンサーリンク