こんにちは!

みなさんはクレーンゲームやカードゲーム、好きですか?

僕は中学生・高校生の頃は結構ハマった時期があって、

1日に5000円~10000円もつかってしまったことがよくあります。

a0006_002418
・・・しかし、ゲーセンから1歩外に出ると、途端に「興ざめ」して

「なんであんなにつかっちゃったんだろう・・・」

「あー、もったいないことをした」

と自責の念に苛まれることがあります。

僕自身、何度これに苦しんできたことか・・・。

今回は、僕自身のそんな体験談と、そこから学んだことをまとめていきます。

●一カ月のお小遣いが一瞬で・・・

あっという間でした・・・。

おそらく1時間とかからなかったんじゃないでしょうか??

一カ月のお小遣いがゲームセンターに消えたのは・・・。

当時、高校生の僕にとって「3000円」は一カ月の命綱でした・・・。

しかし、ゲームセンターにいくと、面白そうなゲームばかり・・・。

スポンサーリンク


当時ハマっていたデータカードダスのカードゲームに100円、200円・・・・・。

そうしていくうちに「レアカード」が無性に欲しくなり、やめられなくなりました。

気づいたら1000円、2000円・・・と自分のお小遣いが消えていました。

もちろん、狙っているレアカードはゲットできないままで・・・。

二千円を超えたところで「もうやめたい」と思いました。

一方で、「ここでやめたらもったいない」、「次の100円でレアカードが出るかも」

という気持ちの方が強く、気づいたら月のお小遣いをすべて使い切ってしまいました。

・・・・狙っていたレアカードは、出ませんでした・・・。

●押し寄せる自責の念

使い切ったあと、猛烈に自分を責めました。

なんであんなに使っちゃったんだろう・・・。

もったいないことした・・・。

でも、もう後の祭り・・・・。

 

まあ、こんなことをクレーンゲームやコインゲームでも体験してきたわけです・・・。

こんな苦しみを体験した僕が、ゲーセンで使いすぎないようにするための

アドバイスをまとめていきます。

1.ゲーセンから距離を置く

やはり、「ゲーセンにいかない」というのが一番です。

もし、行ってしまったら、「距離を置いて」見てみるといいでしょう。

例えば、クレーンゲームやUFOキャッチャーの景品を見て、「欲しい!!」

と思うより前に、「これ、ヤフオクでいくらで手に入るかな?」

「原価はいくらだろうか??」「1歩、距離を置いて見てみる」といいでしょう。

わざわざお金を使うのが馬鹿らしく思えてきますよ。

スポンサーリンク

2.大金を持ち歩かない

やはり「ない袖はふれない」わけですから、「大金をもっていかない」

というのも一つの手です。

100円、200円程度ゲームをやるくらいなら別に問題ないですもんね・・・。

逆に、1000円とか「お札」を持っているときは要注意です。

僕は、両替とかしちゃうと、「全部使いきるまで」やってしまいがちです!!

3.趣味を見つける

意味なくゲーセンなどに行く人っていますよね??

そういう人は「時間を持て余している」んじゃないでしょうか??

「他にやりたいこと」を見つければ、自然と足は遠のいていきますよ。

僕自身、他にやりたいことを見つけてから、「くだらない」と思って

全然いかなくなりました・・・。

(あっ!でも最近、ゲーセンで趣味を見つけちゃった!!ヤバい・・・(笑))




・・・っというわけで、今回は「ゲーセンでの無駄遣い」についてでした。

みなさん、くれぐれも「使いすぎ」には注意してね♪