こんにちは!

みなさん、iPhone7の発売、楽しみですね。

今までにない新機能があるとかないとか・・・。

(参照:iPhone7 気になる新機能とは・・・?)

個人的に気になったのが「イヤホンジャックの有無」です。

a1180_012520
音楽を愛する僕としては、かなり気になります。

というわけで、今回は「iPhone7のイヤホンジャックの有無」に関して書いていきます。

スポンサーリンク

●イヤホンジャックがなくなる!?

2016年の新型iPhoneでは「イヤホンジャックがなくなる」と噂されています。

では、こうなった場合、どうやって音楽を聴くのでしょうか?

考えられるパターンを見てみましょう!




1.純正の無線イヤホン

この「イヤホンジャックなし」iPhoneに伴い、無線式のApple純正のイヤホンが発売されると
見られています。

「無線」ですからわざわざイヤホンをスマホにさして聴く必要がないということです。

イヤホンのコードって鞄に入れておいたりするとありえないくらい絡まったり、
何かに引っかかったりと不便なところも多いです。

もし、Apple純正無線イヤホンができれば、iPhone7からはそんな悩みからは解放されます。

2.Lightningから音楽を聴く

充電するLightningコネクタにつないで音楽を聴くイヤホンも登場するかもしれません。

やはりiPhoneに2つも大きな穴があるのはAppleが求める「シンプル」から外れていますよね。

だから、Lightningから聴けるようにする純正イヤホンが開発されるのでは?とも考えられています。




さて、イヤホンジャックが廃止されると、こういった変更がなされると思われます。

しかし、そんな議論を根底から揺るがす情報が・・・・。

●イヤホンジャックが・・・ある!?

とあるiPhone7の部品のリーク写真によると、

イヤホンジャックがある

ようです。

その写真には、「イヤホンジャックを搭載したiPhone 7のものとされる部品」が・・・。

スポンサーリンク


イヤホンジャックはあった方が便利なところもありますからね。

というのも、現在、多くの人は音楽を聴くのに「イヤホン、ヘッドホン」を使っています。

これにより、家の中だけではなく、電車内やバスなどでも音楽を楽しめるようになっているわけです。

もし、iPhone7でイヤホンジャックをなくしてしまったら、そういった人たちにとっては嬉しくありません。

今まで使っていたイヤホンが使えなくなってしまうわけですから。

わざわざ音楽を聴くためだけに純正のものを買わされるなんて嫌だと、買い控えられてしまうかもしれません。

だからそういったユーザーのためにも「イヤホンジャック存続」の可能性はあり得ます。

●まとめ

いかがでしたか?

イヤホンジャックがあった方が便利なところも、ない方が便利なところも両方あります。

個人的には、イヤホンジャックがあるタイプ、ないタイプが両方つくられるのではないかと思います。

純正のイヤホンも安く販売されることで、「イヤホンジャックなしiPhone」が普及していくこともあり得ますね。

様々な新機能も気になるiPhone7・・・。

待ち遠しいです!!