みなさん、こんにちは!

大学生になると、いろいろ「自由」になりますよね?

時間割も自由に組むことができて、好きな時間に好きなことができる・・・。

そうなってくると色々出費が多くなってしまいがち・・・。

「あれっ!?今月ちょっとピンチかも・・・!?」

「あと1000円しか残っていない」

なんて状況になったことはありませんか?

今回はそんな大学生のためのお小遣い運用法について書いていきます。

●財布の中を確認しよう

まず、皆さんは今、いくら持っていますか?

a0002_003051
それすらわからない人って、意外といるんじゃないでしょうか?

自分がいくら持っているのかわからないのに、いくら使ってもいいのかなんて分かりませんよね?

スポンサーリンク


とにかく自分のお財布事情を明確に把握することから始めましょう!

●月の出費を想定してみよう!

さて、自分の”財政状況”がわかったら次は「出費」にも注目です。

今月いくら出費する予定なのか、欲しいものは何か、などなど・・・。

とりあえず思いついたものでいいから書き出してみましょう。

a0002_011007

●取捨選択をしよう

そして書き出すことができたら、何が必要か、必要でないかを取捨選択しましょう。

例えば・・・

「お小遣いは1万円。今月は飲み会が2回、でもゲームも欲しい・・・」

といった場合、どうすべきでしょうか?

これは個人の考えにもよりますが、「ゲームを買う」という選択を捨てるべきでしょう。

というのも、「高額なもの」を買ってしまうと後の生活が厳しくなるからです。こういった必要ではないけど欲しいものは基本、後回しです。

だから今月のお金は、「飲み会」という使い道になるわけです。

(「飲み会」も捨ててもいいと個人的には思いますが・・・)

「飲み会」では基本的に、3000円くらい一気になくなります。

ということは単純計算で今月の飲み会での出費は「6000円程度」ということです。

では、残ったお金はどうするか?

「貯金」です!!

●貯金しよう!

さて、「貯金」ですが、これは「収入の1~3割」と決めておきましょう。

ポイントなのが「1~3割」という割合で計算することです。

こうしておくことで、お小遣いが少ない月でもきちんと貯蓄できます。

(僕は「5割」と決めていますが、飲み会などの「雑費」が少ないのでやっていけます)

だから、今回の場合「1000円~3000円」は必ず保持しておきましょう。

やはり「貯金」という後ろ盾があるのとないのだと、精神的余裕も違ってきます。

スポンサーリンク

●記録をつけよう

最後に、「今月いくら使ったのか」を記録しておきましょう。

(僕自身、これは忘れがちなのですが・・・)

いわゆる「お小遣い帳」をつけるのです。

大学生にもなってお小遣い帳なんて・・・と思うかもしれませんが、
これをすることによって「より賢いお金の使い方」が身につくのです。

●まとめ

いかがでしたか?

正しい運用で、お金をうまく使えば生活スタイルも良くなっていくはずです。

みなさんもぜひ今回紹介した方法を試してみてください。

最後までありがとうございました。

では、また次回の記事で!!